ホルモンを活性化してくれるプロペシアにも副作用がある

微笑む男の人

フィナステリド製剤とは

考える男の人

AGAは治療できる

男性に見られる薄毛やハゲの原因に男性型脱毛症があります。最近では、男性型脱毛症と呼ぶよりは、AGAと呼ぶ方が一般的となっています。AGAの場合、男性ホルモンのテストステロンから変異したジヒドロテストステロンによって脱毛が始まることが解っています。ジヒドロテストステロンは、髪の毛を産み育てる毛母細胞に悪影響を与えるために、髪の毛に栄養が行き届かずに、髪の毛が細くなってやがて抜けてしまうのです。ですから、AGAを治療するためにはジヒドロテストステロンを何とかしなければならなかったのです。でも今では、AGAは治療できるようになりました。ジヒドロテストステロンを作り出す酵素の働きを阻害するフィナステリド製剤が開発されたのです。

フィナステリドの特徴とは

AGA治療薬の先発医薬品名が、プロペシアと呼ばれるものです。プロペシアが販売されるようになり、全世界でAGAに悩む人たちを救ってきました。プロペシアに配合されている主成分フィナステリドの特徴とは、服用することで脱毛を抑えるところにあります。ただし、長期間服用する必要があり、まれに副作用も報告されています。プロペシアの副作用には、性欲の減退やED等があるとされていますが、プロペシアとプラセボ間で比較したところ、副作用の発現には有意な差が認められなかったという報告もあります。しかし服用には十分に注意し、体調に変化を来した時には副作用の可能性もありますから、プロペシアの服用を中止して、すぐに病院に行く必要があります。