ホルモンを活性化してくれるプロペシアにも副作用がある

微笑む男の人

世界で初めての飲む育毛剤

育毛サイクル

正しい知識を身につける

プロペシアは、世界で初めて医師による処方で内服する男性型脱毛症用のお薬です。60カ国以上で承認を受けて販売されております。プロペシアの有効成分は、フィナステリドです。元々は、前立腺肥大症や前立腺がんの治療に使用されていた成分ですが、毛髪環境の改善効果がある事も判明しました。男性型脱毛症は、ヘアサイクルが通常よりも短くなり、脱毛が早まり毛も細くなっていく症状です。この原因は、男性ホルモンであるテストステロンが変化したDHTによるものです。DHTの生成には5αリダクターゼが関係しております。フィナステリドは、テストステロンと5αリダクターゼの結合を防ぐ作用があります。つまり、DHTの抑制効果があるのです。

正しい使い方を理解する

プロペシアを使用するに当たり、いくつか注意しておく必要があります。まずプロペシアは、男性型脱毛症にしか適用しないということです。円形脱毛症には効果はありません。また未成年や女性にも処方はできません。効果が出るまで約半年は使い続ける必要があります。また、副作用についても理解しておく必要があります。まず最初に述べる副作用は、子作りへの影響についてです。プロペシアを使用する事で男性の勃起不全や精子量の減少が起こる可能性があります。必ず起こるわけではありませんが、可能性はゼロではありません。肝機能へ障害を与える副作用も懸念されております。もし、異常が認められた時は使用を止めて医師に相談する事が必要です。可能性は低いですが、うつ病を引き起こす副作用も考えられます。男性ホルモンが抑制される事で、気分が落ち込んだりする可能性があります。ですがきちんと使用することでそういった副作用も防げる可能性があるので、情報収集をしっかりとした上で使いましょう。