ホルモンを活性化してくれるプロペシアにも副作用がある

微笑む男の人

女性は注意しましょう

薄毛の人

男性専用の薬です

プロペシアは、いわゆる男性型脱毛症(AGA)に処方される内服薬でAGAの主な原因物質であるジヒドロテストステロンの生成を抑制する事で薄毛の改善に効果がある薬です。この原因物質は、男性ホルモンと密接な関係があるため女性の薄毛には効果が無いだけではなく、妊娠中の女性が服用すると、副作用として男性胎児の生殖器官の正常な発育に影響を及ぼす恐れがあるとされていて服用は一切禁止されています。直接服用するだけでなく、輸血などにより体内に入る恐れがあるため、プロペシアを服用している人の献血も禁止されています。服用中の男性に起こる副作用としては、ごくまれに肝機能障害が現れる可能性があるので服用に際しては医師と十分相談する事が必要です。

一般的な医薬品と同様

プロペシアの副作用については、肝機能障害の他に男性のEDや生殖機能への影響が報告されていますが、その頻度は1%未満であり個人的な要素も多く、服用を中止する事でほとんどの場合改善します。ただし、気を付けておくべき点としてプロペシアの服用中は、その成分が前立腺がんの検査結果に影響を与える為検査前に担当医師にプロペシアを服用中であることを必ず告げる必要があります。一般的に服用中の男性本人に対する副作用はさほど心配する必要はありませんが、特に妊娠中や妊娠の可能性があるパートナーが近くにいる場合、薬の管理を十分に行い誤飲を防ぐ必要があります。服用に際しては必ずパートナーにもその旨をはっきり伝えておくことも重要です。